TOP>イルカセラピー

イルカセラピー

弱い立場の人傷ついた人をやさしく包むのはイルカも同じです。
そうした、イルカの優しさを医療としてしてるのがイルカセラピーです。

イルカセラピーとは

正しい言い方はイルカ介在療法(Dolphin Assisted Therapy)と言い、動物介在療法(Animal Assisted Therapy:アニマルセラピー)の一つです。
イルカが寄ってくるのは、特に心や体に傷ついた人によってきます。
イルカは違う種の生き物でも、弱い立場であれば助けようと近寄ってくるのです。

イルカセラピーの問題点

ただ、いいことだらけではありません。
飼育されているイルカセラピーは時に悲しい結果を生むこともあります。
飼育されているイルカには残酷な追い込み猟などによって
無理やり仲間と引き裂かれ狭い水槽の中で飼育されているイルカもいるのです。
そのイルカの気持ちが人に伝わる可能性もあります。
野生のイルカは弱い人が会いに行くにはとても危険だったりします。